賃貸アパートとマンションの違い

退去時のトラブルは少なからず有りますが、賃貸契約時にきちんと話し合っていれば問題ない事が多いのです。

賃貸アパートとマンションの違い

原状回復費用をきちんと賃貸契約時に確認しよう

アパートを引っ越しする時に一番気になるのは、入居時の賃貸契約にもある「原状回復費用」がどの位かかるのかという事で、自分で傷つけた覚えのないものに対しての修繕費用を請求されたのであれば断固抗議したいところですが、実際にその支払い義務が法的にあるという場合もありますので、それをきちんと理解していなければ無用なトラブルに発展することもあるのです。「立つ鳥跡を濁さず」という言葉の通り気持よく退去したいものです。

あまり知られていなくて、不用な原状回復費用の例として、家具を置いたことで畳やカーペットの凹み着いてしまった場合はどうでしょうか?大抵「自分の家具を置いて着いたものだから支払わなくてはいけない。」と考えるかもしれませんが、多くの場合それは自然消耗における自然劣化に当たるので原状回復の義務はありません。このように不用な支払いをしている場合が多くあり、管理会社もそれをあまり把握していない場合がありますので賃貸契約時にきちんと認識確認をしておきたいところです。トラブルを起こして退去したり、気持よく退去できないという事は、その土地に住んでいた思い出まであまり良いものになりませんので、きちんとしたい大切なことですね。

Copyright (C)2017賃貸アパートとマンションの違い.All rights reserved.