賃貸アパートとマンションの違い

賃貸住宅契約時の経費について、費用の種類や、概要、契約における注意点などを交えながら説明いたします。

賃貸アパートとマンションの違い

賃貸住宅契約時の経費について

賃貸住宅契約時の経費について、経費の種類や、概要、契約における注意点などを交えながら説明いたします。賃貸住宅を借りる際には大家である物件の所有者との間に賃貸借契約を交わす必要があります。賃貸借契約を結ぶ前には仲介に入っている不動産会社から建物の概要や契約内容に関する重要事項説明を受ける流れとなっており、契約の条件などはこの時点でよく確認しておく必要があります。賃貸住宅を借りる際に必要な経費には、不動産会社に支払う仲介手数料と、契約相手の大家さんに支払う礼金、及び大家さんに預ける敷金があり、それぞれ家賃に応じた金額となっています。

契約時の経費とは別に毎月支払う必要のある費用としては、家賃、共益費、光熱費が必要となり、共益費とは、その物件全体に関わる管理費となっています。共益費は大家さんが支払っている物件の管理費がそのまま請求されている形となっていることが多く、物件の規模によって多少の誤差があります。契約時に預けた敷金に関しては、賃貸借契約が終了し、物件を大家さんに引き渡す際に何も問題なければ丸々返還されますが、借りていた物件に何かしらの著しい損傷を与えてしまった場合に、その損傷を治す費用が差し引かれることになっています。

お役立ち情報

Copyright (C)2018賃貸アパートとマンションの違い.All rights reserved.