賃貸アパートとマンションの違い

超低金利時代の資産運用方法として賃貸経営が人気であることを紹介し、成功の鍵が管理であることを説明しています。

賃貸アパートとマンションの違い

賃貸経営を上手くするには管理が決め手

ここ数年、低金利な状態が続いています。ですので、貯金などをしても金利もほとんどつきません。一方でお金を借りる側にとっては低金利はとても有利になります。そこで、このような背景から資産運用として自己資金、借入資金をうまくミックスして効率的に運用できる賃貸経営が人気になっています。もっとも金融の面からだけ賃貸経営をとらえてもうまくはいきません。なぜなら賃貸住宅は実際に人に住んでもらって初めて利益を生み出すからです。そして長く住んでもらうためには住宅管理がとても大事になってくるのです。

まず賃貸住宅管理で大切なことは外壁をきれいに保つことです。古めかしく見える物件はやはり敬遠される傾向があるからです。ですので、定期的なメンテナンスは欠かせません。次にゴミ置き場を清潔にすることがとても重要です。設計段階からゴミ置き場対策をきちんとすることが大切であるとともに、自ら管理する場合はゴミ置き場掃除を入念にすべきですし、管理人を置く場合、あるいは巡回管理を委託する場合でも特にゴミ置き場を重点的にきれいにすることが重要です。賃貸サイト等でも物件を探す時のポイントとしてゴミ置き場を確認するという項目があります。さらに衛星アンテナや、インターネット環境などをきちんと整えておくことも重要です。

Copyright (C)2017賃貸アパートとマンションの違い.All rights reserved.