賃貸アパートとマンションの違い

賃貸アパート建設制限として、前面道路の容積率の制限があります。必要な大きさの建物建設可否の確認が必要です。

賃貸アパートとマンションの違い

賃貸アパートを建てる場合の規制

不動産である土地や建物にはいろいろな規制がかかります。代表的なものとして区画形質の変更が必要な場合の開発許可や都市計画における用途地域、消防法の関係、そして建築基準法や建築基準条例などです。更地にアパートを建てて相続対策をするなどのケースは今後どんどん増えると思われますが、その際に、自分の望む大きさのアパートを建設することができるかどうかの事前確認は非常に重要です。

特に、建築基準法の規制である、容積率の制限については注意が必要です。賃貸できる面積をどれだけ多く確保できるかはこの容積率にかかっているといっても過言ではありません。都市計画などで決められている容積率をいっぱいまで使い切ることができるかどうかが検討すべきポイントです。

そこで重要になってくるのが接道している前面道路の幅です。前面道路が狭い場合には、共同住宅を建てる場合にはそもそも立てていいのかどうかの大きな制限がかかりますし、容積率いついては、前面道路が狭ければ一定の計算式で計算した値を上限とする制限がかかります。賃貸アパート経営をする場合の事業計画立案の前には、その点の調査が終わっていることが最も重要な要素です。建てることができる大きさのアパートで採算がとれるのであればその先の手続きに行って問題ないでしょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2018賃貸アパートとマンションの違い.All rights reserved.