賃貸アパートとマンションの違い

賃貸アパートの入居審査では、運転免許証などの本人確認以外に属性確認目的で健康保険証のチェックもされます。

賃貸アパートとマンションの違い

賃貸アパート入居審査での健康保険証の役割

賃貸アパートに入る場合、一般的には入居審査があります。大家さんとしては、家賃を払ってくれない人が入居してしまったり、現在は払える能力があったとしても不安定な仕事なため将来の収入が危うい場合などは収益の確保の面から考えて審査を行います。また、直接大家さん自身が行わないとしても、不動産会社がこのあたりの審査を行っています。収入面だけでなく、人間性の面もチェックをされていると考えた方がいいでしょう。入居後にお隣さんとトラブルになったりすると大変ですのでこういった点もチェックされるのです。

その際に必要な書類として代表的なものが、身分証明書と収入の証明書です。身分証明書は免許証などになると思いますが、健康保険証も確認される場合があります。これは、健康保険証を確認することによってその人の属性が確認できるからです。「健康保険証」であればある程度大きな会社の会社員、「〇〇県健康保険協会管掌健康保険」であれば中小企業の会社員、「任意継続被保険者」であれば会社員をやめて2年以内、「国民健康保険証」であれば自営業、「後期高齢者医療制度保険証」であれば75歳以上の高齢者といった属性を確認できるのです。どう見られているかを理解しておくことで審査が有利になるでしょう。

Copyright (C)2017賃貸アパートとマンションの違い.All rights reserved.